学会主催研修会について

 今回の学会主催研修会は、感染症対策に配慮した臨床動作法の実施に焦点を当てます。オンライン動作法の実施方法や、感染予防を行いながらの対面による動作法援助の留意点および実施例等を準備しております。

​ 感染症社会に対応した臨床動作法実践について触れることのできる学会初の研修内容です。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

  なお、今回の研修会はZoomによるWEB開催です。参加にあたっては使用する端末へ事前にZoomアプリをダウンロードしていただき、カメラとマイクが必要になります。Zoomの利用環境にない方はご参加いただけませんので、予めご了承ください。

 学会主催研修会プログラム 

11月8日(日)

   開会の辞                            

 
 
 
 
 
 
 

研修委員長 藤吉 晴美

 

   講義:臨床動作法               9:30〜10:25     

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

講師 鶴 光代(日本臨床動作学会理事長・東京福祉大学)

​セッションⅠ:オンライン臨床動作法    10:30〜11:20

 
 

   感染予防に配慮した臨床動作法        10:30〜14:00      

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

講師 宮脇 宏司(臨床動作学講師・ふぉりせ心理ストレス相談室)

 

司会 小山 真弓(臨床動作士・成城心理オフィス ぐろーいんぐ)

 

講師 清水 良三(臨床動作学講師・明治学院大学)

 

​セッションⅡ:触れない臨床動作法     11:30〜12:30

 
 
 
 

司会 武内 智弥(臨床動作士・東京福祉大学)

 

​セッションⅢ:手を添える臨床動作法       13:10〜14:00

 
 
 
 

講師 藤吉 晴美(臨床動作学講師・吉備国際大学)

 
 

司会 大多和 二郎(臨床動作学講師・サンテコンサル横浜)

 

講師 土居 隆子(臨床動作学講師・おふぃすどい)

 

   健康動作法               14:10〜15:00     

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

司会 小山 真弓(臨床動作士・成城心理オフィス ぐろーいんぐ)

 

講師 大多和 二郎(臨床動作学講師・サンテコンサル横浜)

 

講師・司会 牛山 卓也(臨床動作士・聖みどり病院)

 

講師 武内 智弥(臨床動作士・東京福祉大学)

 

   オンライン臨床動作法における留意点  15:10〜16:00     

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

   閉会の辞                16:00〜16:10    

 
 
 
 
 
 
 
 

理事長 鶴 光代